冬場に化石燃料を使わずに野菜を育てる研究、応援プロジェクト

研究中のエコロジー農法、エコロジー暖房これらが成功したら、普及を考えております。また栽培ハウス以外でも応用が出来るのではないかと考えております。
北海道の冬は予想以上に厳しいものです。
その厳しい季節に新鮮な野菜が食べられるということは本当に北海道民にとっては願ってならないことです。
持続可能な事業で、 寒い地域の方達が、 参考になるものになればと思っております。
もちろん私どもの法人でも拡大をしていきまして、 今回のクラウドファンディングの資金が多く集まった場合は、さらに1棟栽培ハウスを増やしたいと考えております。北海道函館市にありますNPOセラピアのエコロジー農業研究、応援してください。

【ご挨拶と目的の経緯について】

はじめまして。北海道函館市のNPO法人セラピア理事長の平田でございます。
今年の4月から 1ヘクタールの農地を利用して 障害者や障害手帳を持つことの出来ない方、ひきこもり当事者が 野菜を育てて参りました。
しかし北海道は、冬に雪が積もるためその期間農業ができません。
そのため、 地元の新聞社であります北海道新聞の社会福祉振興基金の助成金を申請をしたところ、採用していただき、 野菜を育てるビニールハウス1棟分の備品費を助成していただきました。

9月上旬にビニールハウスが完成し、 ハウス内での作業を始めましたが、 農家とは違う 農法で野菜が作れないかということで検討してまいりました。

化石燃料を使わずに育てることが出来ないか環境面を考え、そこで着目したのが常に捨てられてしまうプラスチックを再利用することです。

連携しております市内のスーパーマーケットより使用済みの空き発泡スチロールをいただきました。 その発泡スチロールに農園の土を入れ、野菜の種をまき、 利用者さんが野菜を育てております。

それから、 連携しております酒店がありますが、 その酒店から4 Lの空き大型ペットボトルをいただきました。
その中に、応援企業の日帰り温泉湯元花の湯の温泉水を入れまして 、太陽の光でその温泉水を温め暖房としております。

今のところは順調に進めさせて頂いておりますがやはり北海道函館の冬の寒さは大変厳しいものです。
そこでビニールハウス内にまたさらにビニールハウスを設置したいです。 その設置費を支援していただけると大変助かります。






◆自然農法を始めた経緯
新型コロナウイルス禍で、孤独化が懸念されるひきこもり当事者や障害手帳がなく公的支援が受けられない軽度の障害者らを支援しようと、農福連携事業に着手しました。

昨年は北斗市内の農地を借り農業の訓練をしました。ダイコンと長ネギの栽培を学びました。今年は函館市農業委員会に申請し、道南の函館市石川町にあります農地に「セラピア自然農園晴れたらいいね」を開園し、野菜作りに向けた活動を始めました。

障害者やひきこもりの人に農作業に従事してやりがいを感じてもらい、社会参加や就労を促す狙いです。




◆農作物について
職員と利用者計5人程でくわを使い農園10000㎡の農地で化学肥料や農薬を使わない「自然農法」の実現を目標としており、土づくりに励んでいます。


◆栽培のこだわり
私の目指す農業は、経費を極力抑える方法です。そのため化学肥料や農薬を使いません。
虫は野菜も食べますが草も食べます。成長過程の見守りをひきこもりさんや障害者さんが担当します。将来は栽培カメラで管理するひきこもりさんや障がい者さんも在宅で参加出来たらと構想を立てております。
人間関係に悩み自宅で過ごされている方への希望になれたらと考えております。


◆ひとこと
一番大変な制度のはざまにいる方々の働く場所を作り、自立を後押ししたい。土と野菜に触れて、生きる喜びを感じてほしいと考えています。

農園の利用対象は、精神障害者やひきこもりの人など。公的支援が受けられず、就職や社会参加が難しくなっている人も支えようと、精神障害がごく軽度で障害者手帳の取得が難しい人も対象をしています。

1,社会問題の、ひきこもり対策
ひきこもりになりそうな方も手厚く支援しております。

2,農業の人手不足
離農する世帯へ事業継承。ぽつんと一軒家の農家が多く、人目を気にせずに仕事が出来ます。

3,孤独の解消、ラジオ体操の場を、農場へ。

最近、あの方が見えないと、おせっかいの場へ。一人にしない、孤独にしない。

プロジェクトで実現したいこと

このエコロジー農法とエコロジー暖房。これらを地域に普及できたらと考えております。また栽培ハウス以外の露地や倉庫、自宅でも応用が出来るのかなと考えております。
北海道の冬は予想以上に厳しいものです。その厳しい季節に新鮮な野菜が食べられるということは本当に北海道民にとっては願ってならないことです。

持続可能な事業で、 寒い地域の方達が、 参考になるものになればと思っております。

もちろん私どもの法人でも拡大をしていきまして、 クラウドファンディングの資金が多く集まった場合は、さらに1棟栽培ハウスを増やしたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。

【リターンについて】

※今回、支援をして頂いた方に対して感謝の気持ちで下記の内容をご用意しております。
心よりのお礼のリターンをお送りします。


≪内容≫
①3,000円
礼状と授産製品の絵はがき10枚。函館土産コンクール奨励賞受賞

<税込・送料無料>
申し込む際に送り先情報の記載をお願いします。(住所・氏名・連絡先)
デザインは選択不可ですので、予めご了承ください。
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次発送

②5,000円
礼状と授産製品のたたみコースター3枚。函館土産コンクール奨励賞2年連続受賞
<税込・送料無料>
※申し込む際に送り先情報の記載をお願いします。(住所・氏名・連絡先)
デザインは選択不可ですので、予めご了承ください。
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次発送

③10,000円
礼状と当農園で収穫した旬の野菜5種類。(春以降、夏に向けて育つ野菜)
(大根・カブなどの収穫予定)
<税込・送料無料>
※申し込む際に送り先情報の記載をお願いします。(住所・氏名・連絡先)
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次発送
※気象条件によって変動があるため、お送り出来る量をお約束できません。
ご承知の上、ご支援頂きますようお願い致します。

④30,000円
ご家族さま全員、無料農業体験
※体験案内の為、申し込む際に連絡先情報お願いします。



【資金の使い道】

寒いなか、 活動に賛同していただいておりますボランティアさんは、無償で来て頂いております。これを有償ボランティアとして、 電車賃やバス賃を支払いたく思っております。
また、 その様子を通うことの出来ない障害者がインターネットで見学できるように ライブカメラを設置する費用としても使わせていただきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

このプロジェクトを通し、事業の継続費、雇用の維持費、そして、諸経費に充て、目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターン品をお届け致します。




【最後に】

お一人お一人のお力添えに、心より感謝申し上げます。
これから先不安が続くことは皆様も一緒と思います。
お一人でも多くのご支援を願い、皆様には多くのシェアいただけますますようお願い申し上げます。

よろしくお願い致します。

現在の支援金額

0 円

0%
目標:500,000 円

支援数

0

残り時間

71日

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

3,000 円

支援数:0

配送方法:郵送

礼状と授産製品の函館観光絵はがき10枚。函館土産コンクール奨励賞受賞
<税込・送料無料>
※申し込む際に送り先情報の記載をお願いします。(住所・氏名・連絡先)
※デザインは選択不可ですので、予めご了承ください。
※支援金額は申し込む際に、任意で金額を引き上げることが可能です。
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次発送
このリターンを選択する

5,000 円

支援数:0

配送方法:郵送

礼状と授産製品のたたみコースター3枚
<税込・送料無料>
※申し込む際に送り先情報の記載をお願いします。(住所・氏名・連絡先)
※デザインは選択不可ですので、予めご了承ください。
※支援金額は申し込む際に、任意で金額を引き上げることが可能です。
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次発送
このリターンを選択する

10,000 円

支援数:0

配送方法:郵送

礼状と当農園で収穫した旬の野菜5種類。(春以降、夏に向けて育つ野菜)
<税込・送料無料>
※申し込む際に送り先情報の記載をお願いします。(住所・氏名・連絡先)
※野菜の種類などお選びできません。予めご了承ください。
※野菜が不足の場合、別の農家さんから提供させて頂きます。予めご了承ください。
※支援金額は申し込む際に、任意で金額を引き上げることが可能です。
※気象条件によって変動するため、お送り出来る量を予めお約束できません。
ご承知の上、ご支援頂きますようお願い致します。
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次発送
このリターンを選択する

30,000 円

支援数:0

配送方法:対面

ご家族さま全員、無料農業体験
※体験案内の為、申し込む際に連絡先情報の記載をお願いします。
※支援金額は申し込む際に、任意で金額を引き上げることが可能です。
ご提供予定時期:プロジェクト終了後に順次対応
このリターンを選択する