福を助けて下さい

■ご挨拶・プロジェクトについて■

初めまして、小野と申します。
石川県金沢市在住で、昼は農業・夜は飲食店の仕事を掛け持ちしながら10匹の猫と暮らしています。

このプロジェクトは、その内の1匹の保護猫である 福 を病気から助けたい
という思いから立ち上げました。
先天性の脊髄疾患を患う福について、順を追ってお話します。
少し長くなりますが どうか、最後までお付き合い頂けますでしょうか。
■福と病気について■



2019年 8月7日


両後ろ足の不自由な子猫(福・現在1才8ヶ月・♂)を保護しました。
レントゲン、血液検査など一通りの検査をしましたが、背骨が凹んでいる事以外、足が不自由な原因は正確にはわかりませんでした。
うちにはその時点で8匹の猫がおり、高齢で点滴や投薬を欠かせない子もいてお金がかかるため、当初福をうちで引き取るつもりはなく、入院させながら里親を探す予定でした。
ですが、障害を持った子猫に里親を見つけるのは難しく、その間ずっと病院のケージ内で過ごさせる事は、唯一まともに動かせる前足の筋力まで低下させ体の弱い子に育ってしまうと思い、うちに迎える事に決めました。

その際、約20日間の入院中に唯一少しだけ仲良くなれた別の保護猫(歩・現在1才7ヶ月・♂)も一緒に引き取りました。
福の心のケアに必要だと思ったからです。
当時の福は極度に怖がりで、背骨が凹んでいた事もあり虐待の可能性が考えられていました。
私は福のように暗く大人びた目をした子猫を他に見た事がありません。
傷ついて心を閉ざしているような福を絶対に幸せにしてあげたいと思いました。
そんな福とは対称的に、歩は活発さと明るさしか持ち合わせていないような子で、歩という名前は「足の不自由な福に寄り添い、二人三脚で一緒に歩んでいってほしい」という意味を込めて名付けました。
歩が遠慮も人見知りもせず福に向かっていくお陰で、子猫らしさの全く無かった福が徐々に明るく変化していき、2匹を一緒に引き取って本当に良かったと思います。
引き取った当時の福と歩
我が家の子達です
2019年・11月(生後 約半年)

この頃から、後ろ足を引きずって歩く事以外は他の子と全く変わらなかった福の様子が一変しました。
福が自身の両後ろ足の指と性器に自傷行為を行うようになり、粗相をするようになったのです。いくつか病院を受診しましたが、はっきりした原因は未だに分かっていません。

肉がえぐれて血だらけになった足と性器に毎日薬を塗り、ガーゼに包帯、靴下を履かせ、抗生物質やサプリメントを飲ませる生活が始まりました。性器を保護するため人の新生児用のロンパースも着せていました。
傷が治ったと思い包帯を外すと、ちょっとの隙にまた噛んでしまうので、常に包帯をしたままの両足は塗り薬の油分や水分で蒸れて毛が抜け、マラセチアという常在菌が繁殖し、茶色い汚れとなって溜まってしまいます。それを毎日丁寧に取り除かねばなりません。
また、自分でトイレが出来ない訳ではないのに粗相を繰り返し、オムツも嫌がったので、毎日のように拭き掃除と洗濯、多い時は1日3回入浴させた事もありました。

全ての傷が完治した今でも油断はできず、包帯・靴下交換と足のお手入れは毎日の日課となっています。幸い、自傷行為開始から半年ほど経った頃には性器を噛むことだけはしなくなり、粗相も減りました。
あとは私が注意深く見ていればいいという状態にまで傷が回復した頃、それまでしていたエリザベスカラーをやっと外してあげたら、福は余程嬉しかったようで、3時間くらい歩と騒がしく走り回っていたのを覚えています。福は前足だけで物凄く早く動き回り、ベッドや窓辺にもよじ登ります。
自傷行為が完全におさまった訳ではないものの、福はよく食べよく遊ぶ愛くるしい成猫に成長し、私も数ヶ月に及ぶお世話になんとか慣れ、穏やかに毎日を過ごせるようになりました。
自傷行為がひどかった頃
ロンパースを着ています
2020年5月半ば頃

また別の異変に気づきました。
福が食事の際に床に腰を沈めるとき、股関節の辺りからゴリゴリという音が聞こえるようになったのです。
最初は片足からわずかに聞こえる程度で、さほど気にはなりませんでした。というより、この時の私は新型コロナの影響を受け飲食店の仕事が激減し、農業との掛け持ちを始めたばかりで毎日疲れきっていたため、些細な音を気にしている余裕が全くなかったのです。しかし日に日に音は大きくなっていき、もう片方の股関節からも聞こえるようになったので、病院を受診しました。
触診をし、角度を変えて何枚かのレントゲンを撮りましたが異常はなく、膝蓋骨脱臼ではないかとの診断がされました。
あくまで疑いで、重度ではないだろうから、関節に良いサプリメントを継続して様子を見ましょうという事になったものの、音は大きくなるばかりです。また、音は膝蓋骨ではなく、どうしても私には股関節の辺りから聞こえるような気がして、再度レントゲン撮影をお願いしましたが何も異常が見当たりません。
そこで別の病院に福を連れて行き、レントゲンの撮り直しとCT検査を行ったところ、やっと両股関節の骨折が判明しました。
福は後ろ足が不自由なせいで股関節の可動域が狭く固まっており、無理矢理伸ばす訳にもいかず、レントゲンでもその部分が撮りにくいというのが、骨折が中々発見できなかった理由のようです。

折れた原因については、おそらく人のベッドくらいの高さから降りようとしたものの上手く着地できなかったのではないかとの事でした。福のように足を引きずって歩いていると、使わない関節が脆くなって折れやすくなるのだそうです。
福は後ろ足を八の字にして歩くため、手術をしても固定が維持できずに破綻してしまう可能性が高いことや、万が一術中に神経に触れて自傷行為が悪化してしまう場合などを考えて、医師との相談の結果、手術は行わないことになりました。福自身痛みに鈍く、折れたまま生活する事に支障はありませんでしたが、以前より活発にベッドや窓辺によじ登ることはなくなりました。
あちこちに福のために踏み台を置いてはありましたが、ベッドの周りに座布団や毛布を敷くなど私がもっと配慮していれば、福はこんなにボロボロにならずに済んだと思います。
疲れていたから、余裕がなかったから、福がこうなっては全てが言い訳です。

骨折の説明を一通り終えると、それより気になる事があると先生が言いました。
「この部分(脊髄)に影が見えます。ここに嚢胞か何かがあって、福ちゃんの足が不自由なのはそこから来ているのかもしれません。まだ若いのでガンの可能性は低いと思いますが、MRI検査をお勧めします」
県内にはMRIを備えている動物病院がないので、すぐに岐阜県にある岐阜大学動物病院に検査の予約を入れました。
どうして福ばかりがこんなに色々背負わないといけないのか、可哀想でなりませんでした。
検査内容
2020年9月3日
MRI検査の結果、福は脊髄内に水が溜まる先天性の奇形で、中に溜まった水が神経を圧迫し、後肢の障害を引き起こしている可能性が高いと診断されました。進行すれば自分で排泄ができなくなると言われ、進行具合(脊髄内に溜まった水が増えているかどうか)を知るにはMRIしかありません。
生まれつき障害のある福は保険に加入できず、実費でのMRI検査には約15万円かかります。それを今後定期的に行わないとならなくなりました。また、経過次第では手術が必要となり、その手術も100%後遺症が残らないとは言えないのです。

もし今後手術が必要になった場合、手術は2通りの方法が検討されています。
1つは、水の溜まっている箇所に外側から注射針を刺して中の水を抜く。この方法だと水が溜まる度に行う事になり、一見簡単そうですが、術後に後遺症が見られたケースが過去にあるそうです。
2つ目の方法は、福の背中を切開して骨を削り、脊髄内の水が溜まっている箇所にシャントチューブという管を入れ、溜まった水が外に流れ出る仕組みを作るというものです。想像するだけで痛々しく、脊髄に触れること自体とても高いリスクを伴うので、どちらの方法も選択に悩みます。
そのため、万が一手術が失敗した場合や、後遺症が残る可能性を考えると、手術はせず定期的なMRI検査のみ継続して行い、あとは自力での排泄が困難となっていく福をありのまま受け止めて、自然な状態で最期まで大切にお世話した方が良いのではないかと考えたりもします。


福を保護した当初は想像もつかなかった事がこれだけ次々起こり、心配が絶える事はありませんでした。
先にも記しましたが、うちには点滴や投薬の必要な子を含め計10匹の猫がいます。いずれこの子達が病気になった時に備えて毎月貯金はしていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け私自身の収入が激減したことにより、計画通りにはいかなくなりました。それに加え、福にかかる今後の検査・治療費は想定外に高額なものとなり、減った収入を補うためにアルバイトを掛け持ちして仕事量を増やしても、福に関してはお金が追いつきそうにありません。
そんな時、偶然他の参加者さんのプロジェクト(病気を抱えたわんちゃんの治療費の工面という内容でした)を目にして、可能性が少しでも広がるならと思い、私もワンダーストリームさんへの申し込みを決めました。

自分一人で誰にも迷惑をかけずにこの子達のお世話をすると決めて飼ったにも関わらず、関係のない皆様に協力を求める事について、身勝手という見方をされるかもしれません。批判は覚悟しています。
10匹も居たらお金がかかるのは当然、だったら里子に出せばいいだろうというご意見もあるでしょうが、里親募集中の保護猫や保護犬が溢れている今の世の中で、うちの子達に必ず良い里親が見つかる保証はありません。
何より、うちに居る子は病気や飢えに苦しむところを保護した子ばかりで、手間も愛情もかけて一緒に暮らしてきた家族ですから、申し訳ありません、私がこの子達を手放せません。


私は福をうちに迎える際「この子は他の子より手間もかかるかもしれないし、治療中の子もいる中でどこまでしてあげられるか分からない。でも出来る事に限りがあっても絶対に不幸にだけはしない。私が頑張れば良いんだ」と決めて引き取りました。
お金が集まる集まらないに関わらず、皆様の善意にばかり甘えるつもりもなく、私はこれまで通り時間と体の許す限り精一杯働きます。しかし私一人の努力では足りないかもしれず、勝手な事情ではありますが、ご理解して下さる方がいたら
どうかお願いします。福のために力を貸してください。



福の次のMRI検査は2021年1月12日です
(この文章は1月3日に書いたものです)
仮に進行していなかった場合、3度目の検査は3~4ヶ月後に行う予定です。福の脊髄内の状態から見て、検査の間を半年も開けない方がいいというのが現時点での医師の判断だからです。
検査結果や福の日頃の様子については、皆様に分かるようにその都度活動報告にて報告させていただきます。
また、支援に見合ったリターンができるかは分かりませんが、今の私に出来る限りのお礼をさせて頂こうと思っています。

不自由な足を懸命に広げて綺麗にしている福

■支援金の用途■


・MRI検査とそれに伴う処置費用 1回12~15万×年最低2回
・脊髄内の手術費用(経過による)

にかかる費用の一部として、大切に使わせて頂きます。
かかった費用とその明細については必ず公開いたします。
MRI一回分の明細です。福は保険に入れません
CTの明細①
CTの明細②
■リターンについて■


①500円

リターン不要で応援のみして下さる方用 

※金額は500円~ お気持ちで自由に金額設定して支援して頂けます。
 
 

②1,000円

お礼のメッセージと

福の写真・動画を メールもしくはLINEにてお送りいたします。


※LINEをご希望の方は支援後に、ワンダーストリームのメッセージよりIDをお送りください。支援コメントにIDを記載すると全体公開されますのでご注意ください

※金額は1,000円~ お気持ちで自由に金額設定して支援して頂けます。
 


③10,000円 

②のリターンに加えて、

私がお世話になっている農家で作っている野菜を送らせて頂きます
 
 



※夏はスイカ(3L~4L相当)、秋はさつまいも(五郎島金時という石川県のブランドで、全国的に有名です)、冬は大根(最高ランクの物を厳選)になります。今年の春からは新しくアスパラも収穫予定で、この中からお好きな品物をお選びいただけます。



※収穫時期により発送日や量については前後致します。
 収穫の時期になりましたら別途メールで詳細をお送り致しますので
 その点ご了承のうえご支援ください
 

※金額は10,000円~ お気持ちで自由に金額設定して支援して頂けます。
 
■最後に■

長くなりましたが、私事にここまでお付き合い下さり有難うございました。
福が今の生活を維持できるように、私達が大切な福と少しでも長く一緒に暮らせるように、どうか皆様の力を貸して下さい。ご協力宜しくお願い致します。




*本プロジェクトはALL-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行しリターンをお届けします。

現在の支援金額

193,500 円

64%
目標:300,000 円

支援者

41人

残り時間

15日

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

500 円

支援者:9 人

配送方法:メール

リターン不要で応援のみして下さる方用 
※金額は500円~ お気持ちで自由に金額設定して支援して頂けます。
  
このリターンを選択する

1,000 円

支援者:23 人

配送方法:メール

お礼のメッセージと
福の写真・動画を メールもしくはLINEにて随時お送りいたします。

※プロジェクト終了後より順次
※LINEをご希望の方は支援後に、ワンダーストリームのメッセージよりIDをお送りください。支援コメントにIDを記載すると全体公開されますのでご注意ください
※金額は1,000円~ お気持ちで自由に金額設定して支援して頂けます。
このリターンを選択する

10,000 円

支援者:9 人

配送方法:郵送

私がお世話になっている農家で作っている野菜を送らせて頂きます。
加えて、お礼のメッセージと福の写真・動画や経過報告を メールにて随時お送りいたします。 

※季節の野菜はスイカ、さつまいも、大根からお選び頂けます。
 詳細は本文のリターンについてをご覧下さい。
※発送時期や量は、収穫期により異なってしまうため
収穫の時期になりましたら詳細をお送りいたします。
その点ご了承のうえご支援ください
※LINEをご希望の方は支援後に、ワンダーストリームのメッセージよりIDをお送りください。支援コメントにIDを記載すると全体公開されますのでご注意ください

※金額は10,000円~ お気持ちで自由に金額設定して支援して頂けます。
このリターンを選択する