離島の壱岐で生まれた命をつなぐために~ミルクボランティアで殺処分ゼロへ~

長崎わんにゃん会です。
長崎県長崎市で保護犬/保護猫活動をしております。

「殺処分数ワーストの壱岐の現状を変えたい」

壱岐でミルクボランティアを普及させていく上で継続して活動していただける環境を整えたく、今回クラウドファンディングを立ち上げました。

温かいご支援のほどよろしくお願いいたします。
【はじめに】

はじめまして!
長崎わんにゃん会の 木口(きぐち)と申します。

長崎市にて犬&猫のお家探しをしています。
少しずつしか保護できていませんが、西の果て長崎でぼちぼち頑張っています。
【長崎県の殺処分の現状】

出典元:環境省「犬・猫の引取り状況(都道府県・指定都市・中核市別)」
上の表は、犬・猫全体の殺処分率 都道府県ワースト3になります。
年々減少傾向ではありますが、長崎県は全国の中でも、殺処分率が犬・猫ともに高い状態が続いています。
中でも、県内の殺処分数ワースト1位の長崎県壱岐市。
犬の殺処分数の内、40%(180頭)が壱岐市です。
これまでは譲渡されることもなく殺処分されていました。

他の離島では譲渡頭数が増えて殺処分数が減少していた中、
他の保健所とも顕著に違いがありましたが、
今月からようやく子犬が本土へ搬送され
新しい家族の元へと譲渡されるようになりました。
搬送出来る生後8週齢まで育てて、出来るだけ命を繋いでいきたい
私たちはそのために奮闘しています。

【ミルクボランティアについて】
皆様は「ミルクボランティア」をご存じでしょうか。

ミルクボランティアとは、生まれたての仔猫や仔犬にミルクを与えて育てる動物ボランティアの事です。

全国の動物愛護センターに収容され殺処分される犬猫の半数近くは、まだ乳離れしない幼い仔たちです。

成猫とは違って数時間おきに授乳の必要な幼仔を世話するだけの人手が無い動物愛護センターでは、多くの場合、収容されて直ぐに処分されてしまいます。

そのような命を助けるために、保健所に収容された仔たちを引き出して、自宅で生後8週齢くらいまで育てて保健所へ戻します。

自治体が広く一般からミルクボランティアを募集して授乳をしながら育ててもらう活動を民間の力を借りながら行うところも出て来ました。

しかしながら、愛護センターに運ばれることもなく、人知れず命を落とす幼仔もまだまだ相当数いて、その数は殺処分数の統計にすら反映されないのが実状です。

【プロジェクトの目的】
幼仔を人工哺乳で育てることは、そう簡単な事ではありません。
離乳前後までは下痢をすることも多い上、風邪やその他の感染症などに罹患することもあります。
ただ授乳するだけでなく、体重が確実に増えているかといった健康管理など、細心の注意を払う必要があります。

また下痢をすれば、通院・投薬だけでなく、身体を清潔に保つために身体を洗いドライヤーでよく乾かす事を繰り返さなければなりませんし、敷物を何度も洗濯しなければならないなど、本当に手が掛かるのが実際のところです。

猫の場合、母猫が一度に出産するのは2〜3匹から多ければ5〜6匹ですので、それだけの頭数を同時にケアしながら人工哺乳で育てるのは容易な事ではありません。

そもそも、収容される幼仔は、低体温・猫風邪・下痢・栄養状態が悪いのが大半です。

体重100g以下も多く、すぐに亡くなることもあります。
医療費・ミルク・離乳食と最低でも1万~2万円の費用がかかります。
入院や投薬が長引けば医療費もかさみます。
このように保護犬・保護猫活動に必要なミルクボランティアではありますが、
現時点でこの活動にかかる医療費等はすべてボランティアの自己負担となっております。

費用の負担があるとわかると、
「お金がかかるなら、やらない」と消極的になってしまうこともあります。

全国的にミルクボランティアの認知度自体は広まってきているにもかかわらず、
費用や労力の面で普及に二の足を踏んでしまうことも多いのです。
そのため、あまり進んでいないのが現状です。
長崎わんにゃん会では、
ミルクボランティアにかかる費用はすべて負担させていただいています。

「殺処分数ワーストの壱岐の現状を変えたい」

ですが今後、壱岐でミルクボランティアを普及させていく上で
より一層、継続して活動していただける環境を整えたく、
今回クラウドファンディングを立ち上げさせていただきました。

ぜひ、皆様のお力をお借りできないでしょうか。

【リターン内容】
ご支援いただいた額に応じて、お礼のメールやお手紙を送らせていただきます。
【資金使途・スケジュール】
いただいた支援金はクラウドファンディングの手数料を差し引き、ミルクボランティアに関わる費用(主にノミダニ駆除、駆虫薬、その他医療費など)に全て使わせていただきます。


※活動につきましては、保健所等の各機関と協議しつつ進めて参ります。
※活動結果など随時報告させていただきます。

【最後に】
ここまでご覧いただきありがとうございました。

ミルクボランティアを通して、
人と犬猫が安心して暮らしていける社会を皆様と作っていきたいと考えております。

ぜひとも皆様の温かいご支援のほどよろしくお願いいたします。

現在の支援金額

0 円

0%
目標:300,000 円

支援数

0

残り時間

55日

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

1,000 円

支援数:0

配送方法:メール

リターン無し。

大変恐縮ではございますが、
有り難くお気持ちを頂戴させて頂きます。
このリターンを選択する

3,000 円

支援数:0

配送方法:メール

心をこめた感謝のメールを送らせていただきます。

※プロジェクト終了後、順次対応いたします。
このリターンを選択する

5,000 円

支援数:0

配送方法:メール

ご支援で保護できた仔達の画像付き
心をこめた感謝のメールを送らせていただきます。

※プロジェクト終了後、順次対応いたします。
このリターンを選択する

10,000 円

支援数:0

配送方法:郵送

お礼のお手紙と、ご支援で保護出来た可愛い仔たちの写真を同封し
送らせていただきます。

※プロジェクト終了後、順次対応いたします。
このリターンを選択する