猫たちの小さな命を守り、猫生を全うさせるために

そこに居るだけで沢山の癒しを与えてくれる猫、町のあちこちの駐車場や空き家の軒先、広場の隅っこや公園の植え込みに目を凝らすと小さな命が助けを待っています。
不幸な犬猫を増やさない為に1匹でも多くの猫に幸せな猫生を全うして貰いたくて、夫婦二人で個人的に保護活動をしています。

公園で朝ご飯を貰う地域猫
ご挨拶 

はじめまして、数多くのプロジェクトの中からご覧いただき有難うございます。
不幸な犬猫を増やさない為に夫婦二人で個人的な保護活動をしている東京都葛飾区柴又在住の栗田と申します。

そこに居るだけで沢山の癒しを与えてくれる猫、町のあちこちの駐車場や空き家の軒先、広場の隅っこや公園の植え込みに目を凝らすと小さな命が助けを待っています。

少しでも早く保護してあげたいのに、すり寄って来る子はほとんどいません。

人間は怖いと母猫から教わったのか、生まれ持った動物の勘なのか、近づくと一目散に逃げて行ってしまいます。

それでもあの手この手で捕獲チャンスをじっと待ち続けます。

1匹でも多くの猫に幸せな猫生を全うして貰いたくて・・・

プロジェクトを立ち上げた理由 

保護猫活動と言えるほど大がかりな事は何もしていません、個人で出来る範囲で猫友達に協力して貰いながら細々と活動しているつもりでいます。

しっかりした保護猫団体さんの様に飼い主のいない猫をTrap・Neuter・Return(トラップ・ニューター・リターン)野良猫を捕獲(Trap)し、不妊・去勢手術(Neuter)を行い元の場所に戻す(Return)。

野良猫を増やさない為に望まれない出産をなくし、殺処分を減らす有効な手段で、最後まで地域猫として見守る、リターンせずに里親さんを探す等々…猫ボランティアの餌やりさん・預かりさん・ミルクボランティアさんの活動は本当に素晴らしく、たくさんの小さな命が救われています。

私には到底真似の出来る事ではありません。

私はただ猫が好きなんです。
子供の頃からいつも側に猫が居てくれました。

野良猫の赤ちゃんや捨て猫に出会ってしまうと『どうにかしなきゃ』と思ってしまい大きな保護猫団体にお願いする事も考えますが子猫や独りぼっちの猫達を目の前にすると、この猫達は縁あって私の元にやって来たんだと強く感じ最後まで面倒見たいと思ってしまうんです。

猫に関わるのなら我が家の子にという気持ちでいます。リターンし地域猫にするには地域の協力が必要ですし、私は餌やりボランティアさんの知り合いもいません。

雨の日や寒い日に猫のことが心配になりますし、毎日顔を見ない事で心配するくらいなら、私が面倒を見ようと思ってしまうんです。

個人では出会った猫達を全頭保護することは無理ですし、今のままではやりたい事の半分も出来ず、これからも保護活動を続けて行く為に保護部屋をしっかりと準備し環境を整備したいと思ったのです。

* 猫部屋の改装
  保護部屋ケージの増設 
  遊び場の充実
  冷暖房温度管理の充実
  明るく清潔な部屋を準備したいと考えています。

その為の資金の準備に頭を痛めていたのですが、友人がクラウドファンディングの話をしていた事を思い出し今回挑戦させて頂きました。

希望支援額 

200,000円

ご支援金は全て保護猫を受け入れる為の準備費用に使わせて頂きます。
リターンについて 

500円  真心込めてお礼のメールを送らせて頂きます。

1000円~ お礼のメール + オリジナル猫ポストカード

※支援金額は任意で金額を引き上げる事も可能です。

※プロジェクト終了後順次対応させて頂きます。

一時お預かりしていた子猫
最後に 

夫婦で保護し見送った犬猫は40匹以上になります。
同時期に10匹以上を家族として保護飼育していた時期もありました。

散歩中の犬達が野良猫を見つけ保護する事もありました。
今、家族のトイプードルまめちゃんは先住犬の夜のお散歩時に保護した子です。

2015年4月今から丁度6年前、体中から異臭がして口の中まで泥だらけで…
ずっと後ろをついて来たんです。交番に行っても届けはありませんでした。

翌朝、警察・保健所・近くの動物病院に連絡を入れ迷子犬を保護している事を連絡。
動物病院でチップの有無の確認と健康診断をしてもらいました。

虐待され捨てられたのでしょう、びっくりした事にまめちゃんの両耳は切断されていました。
当時推定5歳、家の家族になりました。

耳は毛を利用しトリマーさんが上手に手を入れてくださり見た目ではあまり違和感は無いと思います。

去年2020年2月まめちゃんは乳がんの手術をしました。
術後は元気に過ごしていたのですが、変化に気付いたのはトリマーさん。

今年3月、綺麗にしてもらいに美容室に行き口周りのカット時にトリマーさんが何かおかしいと言うのでその足で獣医さんに、口の中にがんが再発サルコーマ肉腫でした。

まだまだ治療の途中ですが、私達はまめちゃんにとって最善の治療をすると決めています。家の子になって6年、幸せだったのかな~ これからもまだまだ一緒に幸せに過ごしたいと思っています。


まめちゃん・只今闘病中 頑張ってます!!
この30数年、それぞれの子を見送って次の子達を迎え入れの繰り返しです。

勿論、犬猫達との暮らしは楽しい事ばかりでは有りませんが、それぞれの猫の表情の変化や視線やおかしな行動、毎日見ていても飽きる事なんて有りません。

本当に癒してくれて有難うと言う気持ちでいっぱいです。

最近、犬や猫の多頭飼育崩壊が話題にあがる事がありますが、無理な飼育は絶対にせず責任を持って、これからも小さな命を助けるため、1匹でも多くの犬の犬生・猫の猫生を全うさせるために夫婦で出来る事を頑張ろうと思っています。

最後までお読み頂き有難うございました。

どうぞご宜しくお願い致します。

東京都葛飾区柴又在住
栗田

現在の支援金額

10,000 円

5%
目標:200,000 円

支援者

6人

残り時間

46日

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

500 円

支援者:4 人

配送方法:メール

500円  真心込めてお礼のメールを送らせて頂きます。

※支援金額は任意で金額を引き上げる事も可能です。
※プロジェクト終了後順次対応させて頂きます。
このリターンを選択する

1,000 円

支援者:2 人

配送方法:郵送

1000円~ お礼のメール + オリジナル猫ポストカード

※支援金額は任意で金額を引き上げる事も可能です。
※プロジェクト終了後順次対応させて頂きます。
このリターンを選択する